イブサンローランの傑作香水ベビードールならAmazonが安い!

濃度による香水の分類方法

パルファン、もしくはオーデコロンという言葉は、おそらく一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

このパルファンやオーデコロンという名称は、香水を濃度によって分類した場合に使う言葉です。

濃度で香水を分類するときには、成分とアルコールと蒸留水の割合が重要。

そのなかもどの成分が最も割合を占めているのか?それによって名称が違ってきます。

例えば、蒸留水がほとんど使われていないものはパルファンと呼ばれています。
パルファンは、エクストレとも呼ばれるのですが、英語だと「パヒューム」です。

あの広島出身の人気テクノグループの名前はここから取ったんですよ。

ほかにも、濃度によってオールドパルファン、オードトワレなどという呼び方も存在します。

ベビードールはオードトワレという分類となります。
また、オードトワレに分類されているベビードールは、持続時間が2〜3時間となります。

パルファンは5〜7時間の香り持続力がありますが、最も短いオーデコロンなどは1〜2時間しか香りが持たないのです。










.

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香水は最も香調(香りのタイプ)での分け方が一般的です。

ベビードールなどの香水は、分類する上で最も一般的なのが香りのタイプ別に分ける方法です。

いわゆる香調でわけるのですが、わかりやすく言えばどんな感じの香りか?でジャンル分けしているのです。

香調には大きく「シトラス」と「フローラル」があり、この2つの香りがメインとなります。

シトラスとは、柑橘系香りでレモンなどの香りが有名ですね。

フローラルは花の香りで、ローズやジャスミンが有名です。

これ以外ももちろんあって、「オリエンタル」や「シプレ」、あるいは「フゼア」なども有名ですね。

オリエンタルはバニラなど、天然樹脂系の香り。
シプレはコティ者のシプールという香水の名前が由来なのですが、シプールの成分であるベルガモット、オークモスなどの香りをさします。

フゼアはラベンダーなどが基調となり、ウビガン社の「フゼア・ロワイヤル」という香水が由来となっているようです。

他にも男性用香水に使用される「ウッディ」などもありますね。
聞いたことがあると思います。

ベビードールはこの中でもシトラスに分類される、フルーティーな香りが特徴です。
フルーティーな香水の代表的な香水がベビードールですから、おそらく誰もが一度はかいだことがあるのではないでしょうか。










.

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香料による香水の分類方法

ベビードールのような、いわゆるブランド品の香水は常に人気を保っていますが、一方で香水は多種多様化し、細分化されています。

このため、ベビードール、パリジェンヌなどや、シャネル等のブランド品に代表される、いわゆる高級香水と呼ばれるもの以外に、かなり安価に購入できる香水もたくさんリリースされているため、用途に応じて買い分けが可能になっています。

香水というのは、値段の高い安いに関係なく、分類野仕方があり、ここでは”香料”による分類をご紹介しましょう。

香料といっても2種類あり、天然香料と合成香料となります。
天然香料の場合、希少性が高く売価に跳ね返ってくるために高価になりやすいですね。

花や葉っぱ、果実などをそのまま使用したり、動物などから採取した成分をろ過して使用したりします。

現代ではコストがかかるため、一部を残してほとんど天然香料は使われなくなりましたね。

もう一つの合成香料ですが、コチラは安いのかといわれると原料によって様々な希少価値があるものもあり、ピンキリとなります。
もちろん、イヴ・サンローランなどの高級香水には、希少価値の高い香料が使用されているのです。











.

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © イブサンローランの傑作香水ベビードールならAmazonが安い! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。