ベビードールなどの香水の定義と歴史について - イブサンローランの傑作香水ベビードールならAmazonが安い!

ベビードールなどの香水の定義と歴史について

イブ・サンローランの香水といえば、「ベビードール」や「パリジェンヌ」というところが有名です。
これら有名な香水もは、ファッションに敏感な熟練者から、まだまだ入り口に入ったばかりのファッション初心者にまで幅広く支持されているようですね。

しかし、初心者にとって、香水というアイテムジャンルは少々扱いが難しいという一面を持っているようです。
従って、ファッション初心者は香水を最後にするか、または敬遠するというケースも多く見られます。

確かに、香水はよくわかっていないと、ファッションに合わない香りだったり、または強すぎる香りがまわりの人から変な目で見られる、といった事態をよく見ますね。

ベビードールを上手に扱うには、やはり香水をしっかりと基礎から勉強する事が大切でしょう。

香水は、大昔から存在していますが、それは香りを楽しむものではなく、宗教的な儀式で使われるものでした。

その後は中世ヨーロッパにおいて、ニオイを消すための(ごまかす?)道具として使われ出したのです。
当時のヨーロッパは、衛生面でかなり劣っていたため悪臭がひどく、貴族達は香水でその匂いをごまかしていたと言われています。

当時の香水は高価なもので、一部富裕層でしか出回っていませんでしたが、現在ではファッションアイテムとして重要な役割を果たすようになりました。

価格もかなり落ち着いたため、一般の人でも手軽に香水を楽しめるようになっています。
現代では、嗜好品でもあると同時にコレクションアイテムでもあり、香水の楽しみ方も時代と共に変化してきています。











.

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © イブサンローランの傑作香水ベビードールならAmazonが安い! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。